馬肉のドッグフードはアレルギーが出にくい!?その理由とは?

高タンパクで低カロリー、そして美肌に欠かせないビタミンも豊富ということで女性に人気の馬肉。この栄養豊富な馬肉は、犬の健康にも良いと言われています。

でも、ドッグフードのメイン素材となる肉の種類を変える時に不安になるのがアレルギー。また、お腹を壊さないか?ということも気になる方が多いですね。

ここでは、馬肉の安全性について紹介したいと思います。

犬は肉類の消化が得意なので馬肉も問題なし

犬は肉食の生き物ということは良く言われますが、その説明する理由としては体の中の腸に一番特徴があります。

肉類は腸内で腐敗しやすい為、栄養素を短時間で吸収し、逆に不要なものを体外に排出させるために腸の長さが短くできています。

その為、犬はお肉の消化が得意なわけで、それはドッグフードで定番のチキンやビーフなどと同じように馬肉にも当てはまり、犬にとっては大好きな食材です。

身体の構造的にお肉の消化が得意な一方、炭水化物の消化は苦手なので、穀物の与えすぎには注意しましょう。

馬肉のドッグフードが安全で安心な食材と言われる理由

馬肉は安全と言われる理由について、ここでは2点解説したいと思います。

専門店の馬肉

馬肉を使ったドッグフードは、ドライフードでも生肉でも通常、馬刺し専門店の馬肉を扱っている為、基本的に無添加の商品が多いです。

ドッグフードはさまざまな素材を合わせて作られますが、馬肉自然づくりのように自然食材だけで作られているドッグフードは安全です。

アレルギーが出にくい理由

馬は非常に敏感な動物なので、餌に薬品などが混ざっていると食べなくなることがある為、馬自体の食材にも気を使われています。

馬そのものが極力汚染されていない安心な動物の為、その馬肉は鶏肉や豚肉、牛肉などと比較してアレルギーが出にくいと言われています。

馬肉フードに切り替える際の注意事項

犬は肉食で、馬肉は安全で栄養バランスも良い!と言われてもフードを切り替える際は不安になるかと思います。

好き嫌いがあまり無く、食欲旺盛なワンちゃんでも、一度に大量にあげるのは避けましょう。

まずは少量ずつ与え、吐いたり、お腹を壊したりしないことを確認してから徐々に量を増やしていきましょう。

一週間で1/4ずつ増やしていき、4週間くらいかけてゆっくり移行していくのがベストです。

ワンちゃんの様子を見ながら量を調節するのが重要です。

これは馬肉に限らず、どんなドッグフードに切り替える際にも言えることですので、注意してくださいね。

Copyright© 馬肉自然づくりの食いつきと口コミ評判を解説 , 2020 All Rights Reserved.